カードローン色々情報通信

カードローンに関する
様々な情報を集めて公開しています。

融資を受ける事とは

以前は融資を受けるとなると直接銀行で融資担当者と会い、
使用用途や書類等の取り交わしを行ってようやく借り入れができたという場合が殆んどでした。
しかし、現在ではスマホから申し込みと審査、
そして融資まで即日で完了してしまうカードローンが多く存在しています。

カードローンを申し込んでから現金が振込まれるまでの流れですが、
スマホや携帯から年収や職業などの必要事項を明記した上で申し込みをします。
すると遅くとも30分以内には融資可能かどうかの返答が電話かメールでくるようなシステムになっています。
融資が可能であれば消費者金融であれば指定口座に必要な金額が振込まれる仕組みです。
銀行のカードローンの場合は、本人確認書類や所得証明などの資料提出が必要になるので、
申し込みから数日後に現金を受け取れるという所が多いようです。

カードローンの審査基準は企業によってそれぞれ異なります。
一般的に銀行のカードローンは審査が厳しく、
消費者金融は審査が甘いと言われています。
初めてカードローンを申し込む人や過去に他社から借りた経験がある人でも、
返済が滞りなくできている人などは審査に通りやすいようですね。
逆にブラックリストに乗っているような人や、
職業から安定した収入が得られていないと判断できる人などは落ちやすいようです。

審査は実は2段階に分けられて行われています。
申し込みをした数分後に融資可能かの返信がくるのは仮審査といって、
機械審査をしているからなのです。
仮審査を通った後に必要情報に誤りがないか、
記載情報にあった職場にきちんと在籍しているか確認をするのが本審査と言われるもので、
人が1つ1つチェックしている審査なのです。
消費者金融などは比較的審査が甘いと言われているものの、
こうやって返済能力があるかないかを実は厳重にチェックしているのです。

さて、最後にブラックリストにならないよう上手な返済のポイントをご紹介しましょう。
やはり一番大切なのは毎月の返済金額を頭に入れながら借入するということです。
そして返済はできるだけ分割ではなく、
翌月に一括返済する借り方をするようにしましょう。
カードローンは金利が高いので分割で返済すると利息分が無駄になってしまうからです。
カードローンも上手な使い方が出来れば、
何かあった時にも頼りになる頼もしい存在になるはずですよ。

カードローンについて

上手な返済
イメージ
カードローンの返済をする際に、上手に行ういくつかのポイントがあります。まず、基本的なこととして債務の元金を減らすようにすることです。

総量規制の枠
イメージ
総量規制とは2010年から施行された改正貸金業法のひとつであり、年収の3分の1が借入限度額であると言ったものです。では、その枠以上には全く借入することはできないのでしょうか。
ブラックリストについて
イメージ
カードローンなどの借入や融資を申し込む際に、ブラックリストがあると聞いたことがある人も多いでしょう。ブラックリストとは実際にあるものなのでしょうか。

実際に借入ができた人達
イメージ
実際にカードローンに申し込みをして借入ができた人達の声をみてみましょう。借入する際に一番重要視されるのは定期収入があるかないかです。